お肌トラブルナビ

肌荒れ解消

種類がある

顔に発生するシミというのは、いくつかの種類に分けられます。
一般的にシミと呼ばれているのは、肝斑と呼ばれているもので褐色系の色をしているものが額、頬、目、口の周りに出やすいのです。
これは、左右対称にでるので、顔全体に出てしまうことが多いです。
肝斑が肌に出てくるのは、表皮の中でも一番下にある層にメラニン色素が沈着していることで起こります。
これは、日焼けが起こってしまった時に増大すると言われていて、皮膚の中にメラニン色素が沈着して起こるシミになります。

そばかすは、メラノサイトという細胞が存在しますが、これは日焼けによって変質したことが原因で発生します。
これは、子供から大人まで出来るので年齢関係なく起こります。それに、紫外線を浴び続けてしまうと色が濃くなりますし、小さな斑点だったのが大きくなってしまうこともあります。
そばかすが発生するところは、頬や鼻の周りになりますので結構目立ってしまいます。子供の頃に発生した場合は、細胞の再生力が早いのですが、大人になってから徹底的にケアを行わないと無くすことは難しいでしょう。

スポット斑と呼ばれているシミは、老人性色素斑というものになります。
名称に老人とあるように、高齢者の人に見られるシミにあります。これは、原因は解明されていないと言われていますが、老化によって皮膚が変質したことがきっかけと言われています。
しかし、最近では20代の人でも出てくると言われていて、その場合は光老化性色素斑と呼ばれています。
他には、実年齢が若いのに肌が老化してしまったことで起こる肌老化が原因のシミもあります。
これは、乾燥肌やストレスなどといったものが原因です。それに、紫外線対策も行わないと改善しにくいのですが、現代の皮膚科ではこういったことに有効な治療も行っています。
ですから、肌の老化で悩んでいる人は、基礎化粧品を使いながら皮膚科に通うのもいいでしょう。