お肌トラブルナビ

ピカピカお肌

シミの原因

シミの原因というのは、いくつか存在します。原因の中で有名なのは、紫外線になりますが、この他にも普段の生活で起こるシミもあります。
それに、年を重ねるとどうしても起こりやすい肌質になってしまうので、年を取ってからシミのことで悩むという人が多いでしょう。
こういった原因以外にも、色々とありますので、どういったことがきっかけで起こるのかを紹介します。

最もシミの原因で多いのは、紫外線による発生になります。
ほとんどは、日光性黒子や老人性色素斑などといった紫外線によるものになります。
シミは、紫外線を受けることでメラニン色素が活性化します。そうなれば、色素が沈着しますので顔に発生してしまうということになります。
色に関しては、淡い褐色系の色で顔以外にも、手や背中、腕などといったところに出来ると言われています。
これは、年を重ねてから発生することが多いので中年と呼ばれている世代の人に見られることが多いです。

年齢関係なく起こるのは、乾燥肌によって発生するものです。
人間の肌というのは、乾燥してしまって潤いが無くなってしまうと角質層が硬くなってしまいます。
角質層が硬くなってしまうと、古い細胞が表面上に留まってしまうので、角質が乱れてしまうので肌の水分が蒸発してしまいます。
肌の乾燥が進んでしまうと、状況はとても悪化してしまいます。悪化した肌は、コラーゲンが不足してしまいますし、肌の組織を生成することができなくなります。
こういった状態になると、メラニン色素が肌に残ってしまうのでシミが発生してしまいます。

他には、ニキビや間違ったスキンケアで起こってしまうことがあります。
ニキビで起こってしまうのは、炎症が悪化してしまいニキビ跡として残ってしまったものを放置しておくと発生します。
更に、紫外線などの影響で大きくなったり、濃くなったりしますので厄介な状態になります。
間違ったスキンケアで起こるのは、肌に浸透させようという行動が裏目に出てしまうことがあります。
例えば、肌に水分補給する為に化粧水などをこすってつけるようにしたり、強い力をいれてパッティングしたりすると肌に刺激を与えてしまいます。
そうすると、角質層が傷ついてしまうので乾燥肌へと変化してしまい、シミが発生しやすい状態になります。

  • シミの治療方法は原因によって様々なのでこちらのサイトで自分の症状にあった治療方法をチェックしませんか?